スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火災 住宅全焼、焼け跡から2遺体 高校生の姉妹か 千葉(毎日新聞)

 8日午前5時40分ごろ、千葉県君津市北子安4の宮崎真由美さん(38)方から出火、木造2階建て住宅が全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった。県警君津署は、2階で寝ていた高校3年の長女(18)と同1年の次女(16)とみて身元を確認している。1階で寝ていた長男(19)と長男の知人の20代女性も病院に搬送された。

 同署によると、宮崎さん方は5人暮らしで、長男が出火に気づき119番したという。2階にいた宮崎さんと三女(12)は逃げ出して無事だった。出火原因を調べている。

 現場はJR内房線君津駅の東約2キロの住宅街。【斎藤有香】

【関連ニュース】
釜山射撃場火災:経営者らに禁固3年
火災:民家全焼 10代姉弟が死亡 大分
火災:早朝の商店街で4棟焼く 久留米、4時間後鎮火
火災:新京橋商店街の6棟全半焼 大阪
火災:住宅全焼2人死亡 連絡取れない子供たちか 大分

「武富士」副社長宅に銃弾か=脅迫文とともに届く―警視庁(時事通信)
<新入社員>終身雇用好み指示待つ傾向…北海道で意識調査(毎日新聞)
「経済成長」と「財政再建」で意見交換-民主議連・国家財政考える会(医療介護CBニュース)
同じ病室2年前もチューブに穴 大阪・豊中の病院、殺人未遂(産経新聞)
<在日米軍再編>普天間移設 きょう菅首相と沖縄知事が会談(毎日新聞)
スポンサーサイト

HPVワクチン接種と検診受診率向上で要望書(医療介護CBニュース)

 子宮頸がん征圧をめざす専門家会議など4団体はこのほど、民主党の小沢一郎幹事長にあてて、「子宮頸がん予防ワクチン接種および子宮頸がん検診の受診率向上に関する要望書」を提出した。

 要望書を提出したのは、同専門家会議のほか、NPO法人子宮頸がんを考える市民の会、社団法人ティール&ホワイトリボンプロジェクト、財団法人日本対がん協会。

 要望書では、▽子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)の第一に接種すべき対象である11-14歳女児への接種および子宮頸がん検診が、今後、ともに国の継続的事業として無料で受けられること▽公報やマスメディアを通した積極的な広報活動で、検診とHPVワクチンの重要性がすべての国民に正しく啓発されること▽学校において、「健康教育」としての子宮頸がん予防のための検診とワクチンの重要性を正しく教育すること-の3項目を求めている。

 同専門家会議の事務局によると、今後、長妻昭厚生労働相らにあてても要望書を提出する方針。


【関連記事】
「子宮頸がん」で市民公開講座
主婦の4割、過去1年間に検診受けず
ワクチン接種の障害、「高額な費用負担」が7割近く
がん検診、受けたい気持ちにさせる仕掛けとは
「がん教育」などを今年度事業の重点項目に-日本対がん協会

W杯はPVで盛り上がれ…現地観戦より人気(読売新聞)
<花火>「天日干し」で仕上げ 愛知・豊橋(毎日新聞)
地球の重力「首振ると違和感」=帰還の野口さん、米国へ(時事通信)
<鉄道事故>女性が「のぞみ」と接触、左腕切断 JR尾道駅(毎日新聞)
オタマジャクシが今年も空から降ってきた(スポーツ報知)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。