スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚せい剤譲渡で無罪=相手の供述「信用できず」-岐阜地裁(時事通信)

 覚せい剤を譲り渡したとして、覚せい剤取締法違反罪に問われた岐阜市の会社員男性(47)の判決公判が16日、岐阜地裁であり、田辺三保子裁判長は無罪(求刑懲役2年、罰金20万円)を言い渡した。
 田辺裁判長は、譲り受けたとされる女性の供述に関し「記憶は混乱・減退しており、信用できない」と判断。その上で、男性について「密売への関与は疑われるが、責任を負うと認めることもできない」と述べた。
 男性は、2008年4月に岐阜市の路上に止めた車内で、女性に覚せい剤0.4グラムを代金2万円で譲り渡したとして、同年10月に起訴された。男性は公判で「譲り渡していない」と無罪を主張していた。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物~密輸、栽培の実態~
「裁判員裁判は違憲」と控訴=覚せい剤事件の被告側
尿から覚せい剤成分=「使用」でも立件へ-JAYWALK中村容疑者・警視庁

<卒業証書>有山楓ちゃんに 04年奈良で誘拐、殺害される(毎日新聞)
死亡男児のあざ30カ所=母、日常的に暴行か-奈良県警(時事通信)
<世界の富豪>「グリー」の田中社長が仲間入り(毎日新聞)
看護師の業務拡大へ=範囲明確化、医療の一部も-検査など想定・厚労省検討会(時事通信)
<赤旗配布事件>元厚労課長補佐の控訴審結審(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。